シブがきWeb

[The Good-Bye] 83'~85'シングル解説

①気まぐれOne Way Boy(1983.09.01)

気まぐれOne Way Boy


■作詞 : 橋本淳、作曲 : 山本寛太郎、編曲 : 甲斐正人
The Good-Byeの記念すべきデビューシングル「気まぐれOne Way Boy」。メインヴォーカルはヨっちゃんで、ヤッちんはほぼ歌ってませんでした。 なお、ザベストテンではスポットライトでの出演のみでしたが、本曲でレコード大賞最優秀新人賞を受賞。
ちなみに、一緒にベストテンに出演してたマッチが「最初で最後のベストテン出演」などど冗談言ったことが現実に起こってしまった・・・
出だしのギターのカッティングと♪Rock'n tonight ♪Rock'n tonight・・・と始まるイントロが印象的。
オリコン最高9位。B面は「DANCE×3」。

②涙のティーンエイジ・ブルース(1983.11.08)

涙のティーンエイジ・ブルース


■作詞 : 橋本淳、作曲・編曲 : The Good-Bye
前作の「気まぐれOne Way Boy」から約2か月でのセカンドシングル発売。 本曲より自分たちで作曲&編曲を担当。♪感激ロック 感激ロック 涙のティーンエイジ・ブルース♪ というサビが印象的で、The Good-byeらしさが溢れるポップ調の明るい楽曲。 B面は「二人だけのクリスマス」。



③モダンボーイ狂想曲(ラプソディー)(1984.03.08)

モダンボーイ狂想曲


■作詞 : 橋本淳/野村義男、作曲 : The Good-Bye
前作のポップな楽曲と比べると本曲はロカビリーロック調な曲に仕上がっています。 確かNHKのレッツゴーヤングで、ヨッちゃんが背中でギターを弾いのを見たとき、まだ小学生だった僕は超驚いたのを覚えています。 ヨッちゃんとヤッチンのツインボーカルが本格的になってきたのもこの曲からですね。 本曲の作詞にはヨッちゃんも参加。オリコン最高14位。
B面は「浮気なロンリーガール」。

④YOU惑-MAY惑(1984.07.05)

YOU惑-MAY惑


■作詞 : 野村義男、作曲 : 曽我泰久、編曲 : The Good-Bye
ヨッちゃん作詞とヤッチン作曲による夏の明るく軽快なポップな楽曲に仕上がっています。 夏の浜辺で女の子のナンパする様子の歌詞となっていて、最後のオチが ♪YOU惑されて ありがたMAY惑♪というナンパされた女の子の気持ちで終わるというシャレた内容。
オリコン10位を獲得。 B面は「LOVE AGAIN」。

⑤にくめないのがニクイのサ(1984.11.01)

にくめないのがニクイのサ


■作詞 : 野村義男、作曲 : 曽我泰久、編曲 : The Good-Bye
前作と同様、ヨッちゃん作詞とヤッチン作曲によるツインボーカル&リードギターでの軽快ポップロック。 The Good-byeの中では結構有名な曲として知られています。 味の素 マーガリン「マリーナ」CMソングにも起用され、プロモーションビデオも印象的でした。 オリコン12位。B面は「Don't Make Me Blue」。



⑥とLOVEるジェネレーション(1985.03.21)

とLOVEるジェネレーション


■作詞 : 橋本淳/野村義男、作曲・編曲 : The Good-Bye
今までのThe Good-byeのポップなロックとは一味違う雰囲気で、曲はバッドフィンガーの「嵐の恋」、間奏はビートルズの「エニータイムアットオール」からの強い影響を感じる名曲。 決してアイドルバンドとは言われないであろうテイストの楽曲です。 B面は「Gaah×3(ライブ・バージョン)」。

⑦気分モヤモヤ サラサラ チクチク(1985.07.25)

気分モヤモヤ サラサラ チクチク


■作詞 : 野村義男、作曲 : 曽我泰久、編曲 : The Good-Bye
当時小学6年生だった僕はこの曲が大好きで、「♪ユ・メ・み・る・ヒ・マ・さ・え・ あ・る・ワ・ケ・な・い・の・サ」という、ヨッちゃんとヤッチンの二人の掛け合わせて歌うところを友達と真似てました。
B面は「摩訶 WHO SEE 議(摩訶不思議)」という曲で、少年隊の仮面舞踏会のB面に「日本よいとこ摩訶不思議」というタイトルで アレンジされ、現在では嵐もカバーしています。

⑧TWO NIGHTS(トゥナイト)(1985.11.01)

TWO NIGHTS(トゥナイト)


■作詞 : 野村義男、作曲 : 曽我泰久/P.Wilson、編曲 : The Good-bye
B面は「GOOD,NIGHT」。

田原俊彦/近藤真彦/Good-Bye シングル解説

田原俊彦シングル

田原俊彦 80’-82’

[哀愁でいと]~[ラブ・シュプール]までを一挙解説

田原俊彦シングル

田原俊彦 83’-84’

[ピエロ]~[ラストシーンは腕の中で]までを一挙解説

近藤真彦シングル

近藤真彦 80’-82’

[スニーカーぶる~す]~[ホレたぜ乾杯]までを一挙解説

近藤真彦シングル

近藤真彦 83’-84’

[ミッドナイト・ステーション]~[永遠に秘密さ]までを一挙解説

野村義男シングル

The Good-Bye 83’-85’

[気まぐれOne Way Boy]~[TWO NIGHT]までを一挙解説

たのきん Contents Menu

たのきんトリオ

What's たのきん?

”たのきん”について
田原俊彦/近藤真彦/野村義男

金八先生たのきん

3年B組金八先生 第1シリーズ

たのきん初出演の学園ドラマ
1979年放送

ただいま放課後

ただいま放課後 第1シリーズ

たのきん主演の学園ドラマ
1980年放送

cs3

Communication Super 3

たのきんファンクラブ CS3

たのきんライブ81

たのきんライブ’81

1981年4月 渋谷NHKホール

たのきんライブ

たのきん3球コンサート

第1回/1981年, 第2回:1983年

たのきん全力投球

たのきん全力投球

たのきん主演のバラエティ番組
1980-1983年放送

もう一杯分話そうか

「たのきん」の思い出

近藤真彦著
「もう一杯ぶん話そうか」より

たのきん映画 Contents Menu

青春グラフィティ
スニーカーぶる~す

公開:1981年2月11日
監督:河崎義祐

ブルージーンズ・メモリー

公開:1981年7月11日
監督:河崎義祐

グッドラックLOVE

公開:1981年12月20日
監督:河崎義祐

ハイティーン・ブギ

公開:1982年8月7日
監督:舛田利雄

ウィーン物語ジェミニY&S

公開:1982年12月18日
監督:河崎義祐

嵐を呼ぶ男

公開:1983年8月4日
監督:井上梅次

三等高校生

公開:1982年12月18日
監督:渡邊祐介

TOSHI in TAKARAZUKA
Love Forever

公開:1983年8月4日
監督:井上梅次

エル・オー・ヴィ・愛・N・G

公開:1983年12月24日
監督:舛田利雄




The Good Bye




たのきん