たのきんを今もこよなく愛するWebサイト

[映画] ブルージーンズメモリー

■Description

近藤真彦主演第2弾でたのきんスーパーヒットシリーズ第2弾。横浜の港を舞台に、三人の若者の友情を描いた作品。 マッチは撮影期間である同時期にコンサートステージから落下し左手骨折の負傷を負ったことから、急遽映画の中でケンカシーンにより骨折する設定となっている。 前作に比べて3人それぞれが歌う挿入歌もあり、たのきん映画としては初めてサントラ盤がRCAより発売された。
横浜の山下公園をメインに3人で踊るシーンでのトシちゃんのダンスシーンは必見。またヨっちゃんのギタープレイやスケボーテクなど たのきん映画の中では最もヨっちゃんの魅力が詰まった作品。


■Movie Info
公開:1981年7月11日
配給:東宝
監督:河崎義祐
脚本:田波靖男/安斉あゆ子
主題歌:近藤真彦「ブルージーンズメモリー」


■Soundtrack
「ブルージーンズメモリー」(RCA)

▼主な曲目
「ブルージーンズメモリー」近藤真彦
「ザ・青春セイリング」田原俊彦
「流線スピリッツ」近藤真彦
「あいつのバラード」田原俊彦
「恋のローラースケーター」近藤真彦&野村義男
「理由なきロック」近藤真彦
「銀座カンカン娘」野村義男



■Story

夏休みも近いある日、金田一真(マッチ)はヒッチハイクで横浜の港へ向かっていた。
真はかねてから船乗りになることが夢であった。
横浜へ向かう途中、真はバイクに乗った少年、真嶋芳太郎(ヨッちゃん)と出会い、横浜の港まで送ってもらう。
真はさっそく船の仕事を探すのだが、未経験者はどこでもお断りの状態...。
勝手にもぐりこんだ貨物船で船員達とトラブルになり海に落ちた真を救ったのは、タグボートの船員である田口俊之(トシ)と堺竜一(小松政夫)だった。
真の無茶な行動を批判する俊之だったが、寝る場所のない真のために、芳太郎の祖母(ミヤコ蝶々)が経営するマリンホテルを紹介する。
真はマリンホテルで芳太郎と再会することができるが、港にたむろするヤクザがホテルの借金取りに来ているのに出合い、大乱闘の末、ヤクザを追い返すことに成功するが、真は左腕を骨折してしまう。

真は怪我にも関わらず俊之の乗るタグボードで働き始めることになった。

[映画]ブルージーンズメモリー

俊之は、母と弟との3人暮らしだったが、母・静子に再婚話が起きる。
母や弟の将来の幸せを願う俊之は母の再婚話を認めた。母と弟は再婚相手の住む島に引っ越しすることに。
数日後、真、芳太郎、俊之の3人は山下公園の氷川丸で、仕返しに来たヤクザと大乱闘を起こし、俊之は真と芳太郎を逃がすために警察に捕まってしまう。
ヤクザとのケンカで壊したものを退職金で一人弁償した俊之は誰にも行き先を告げず、横浜を去ることに・・・。

そのころマリンホテルは経営状況が悪く赤字でピンチを迎えていた。
それを知った真と芳太郎はホテルを救うため、かつてマリンホテルで青春時代を過ごし、現在大金持ちとなっている福富庄介(三木のり兵)に援助を求めた。
やがて2人は、福富のヨットで働いていた俊之と再会し、3人は福富からマリンホテルを救済するためのチャリティコンサートを開くための会場を借りてやるという約束をとりつける。
自分たちの力でコンサートを開き、その入場料でホテルを救うことを福富と約束した3人は成功に向けて誓い合った。

[映画]ブルージーンズメモリー

その矢先、俊之の弟が危篤で至急血清が必要であることが知らされる。
すぐに血清を届けるため3人は嵐の中、船で島へ向かうのだが、途中で船が転覆し、俊之と芳太郎を船に残したまま、真は島の病院まで血清を届けることに成功した。
そして真が嵐の海の中の船に残った時には、すでに俊之と芳太郎は嵐の海に飲み込まれていた・・・。
真は嵐の海の中で2人を名前を叫ぶが、真までも嵐の海に飲み込まれることに・・・。

俊之と芳太郎は通りかかった船に助けられたが、マリンホテルのチャリティコンサートの当日、真がいないままコンサートが始まった・・・・。

[映画]ブルージーンズメモリー



Next Movie「グッドラックLOVE」



[映画]ブルージーンズメモリー





たのきん