たのきん

[映画] 嵐を呼ぶ男

■Description

近藤真彦主演第4弾でたのきんスーパーヒットシリーズ第6弾。たのきん映画としては最後の作品であり、 石原裕次郎主演映画(1957年)代表作の一つである映画「嵐を呼ぶ男」をたのきん映画としてリメイクされた作品。
音楽界を背景に、一人のドラマーの大いなる夢、ライバルとの熱い友情、 母親との葛藤、マネージャーとの愛を描く。原作、脚本、監督は、かつて本作品を石原裕次郎主演で映画化した井上梅次。 ファイブジョーカーズの良(マッチ)とビギニングスの直人(トシ)のドラム合戦シーンは必見。
ファイブ・ジョーカーズのバンドメンバーとして野村義男、曽我泰久、中村繁之がサポートしており、マッチの弟役として少年隊の植草克秀が好演。 同時上映は『TOSHI in TAKARAZUKA Love Forever』

マッチ 嵐を呼ぶ男


■Movie Info
公開:1983年8月4日
配給:東宝
監督:井上梅次
脚本:井上梅次/播磨幸治
主題歌:近藤真彦「ためいきロカビリー」


■Soundtrack
「嵐を呼ぶ男」(RCA)

▼主な収録曲
「ためいきロ・カ・ビ・リー」近藤真彦
「ラブシックレイン」田原俊彦
「ガラスの星座」近藤真彦&野村義男
「傷痕のメロディー」近藤真彦
「嵐を呼ぶ男」近藤真彦
「Hey Girl」近藤真彦
「ハートブレイク」田原俊彦



■Story

ボーカル兼ドラムスの桜井直人(トシ)が率いる人気ロックバンド”ファイブジョーカーズ”の日本縦断コンサートが大成功を収めた。
コンサートをプロモートしたマネージャーの福島美弥子(坂口良子)は幸福感でいっぱいだったが、コンサート直後、直人から更にビッグになるためにファイブジョーカーズを脱退し、持永プロダクションに移籍して 新グループ”ビギニングス”を結成すると言われるのだった・・・。
怒った美弥子は直人の後任として、たまたま魚河岸でドラムを練習しているのを見かけた国分良(マッチ)をスカウトし、ファイブジョーカーズのドラムスとして迎えいれる。
チャンス到来と喜んだ良は、ファイブジョーカーズのドラムスとしてデビューする。

マッチ 嵐を呼ぶ男


ケンカ早く無鉄砲な良の性格や自己流で基礎の出来ていないドラムの技術に、バンドメンバーもファンも直人の代わりにはならないと、最初は誰も良を信用しなかったが、美弥子のプロモートによって次第に人気を集め始めていく。
直人の人気が徐々に良に押されていくことに危機感をおぼえた持永プロダクションは、今のうちにファイブジョーカーズを叩き潰そうと、どちらの実力が上か直人と良のドラム対決を企画する。
美弥子は名ドラマー・レイモンド村木に良を基礎から鍛え直してもらおうと、ファイブジョーカーズのハワイ・マウイ島合宿を始めた。 豪華客船上でレイモンド村木の厳しい指導と特訓が続き、良は次第にドラムテクニックを身につけていった。

たのきん 嵐を呼ぶ男


日本に帰国したドラム対決の前日、リハーサル中の良を、母、明子が訪ねて来て、弟の英次(植草克秀)が二日も家を空けているという。
医師である明子は、女手ひとつで二人の息子を育ててきたが、音楽活動する良ではなく、弟の英次に期待をし、必要以上に可愛がるのであった・・・。 良がバンド活動をしていることで、弟の英次が不良パンクロックグループに影響を受けていると思い、良を責める母・明子のために、 良は、英次が入ったというパンクロック・グループの所へ彼を連れ戻しに行くが、パンクロッカーたちと大乱闘になり大ケガを負ってしまう。

マッチ 嵐を呼ぶ男


そしてドラム対決公演日、怪我の苦痛のためテンポが狂った良を直人がリズムバックアップし、場内は2人の友情に感動したファンの熱狂の渦に包まれた。
良の負傷は持永プロダクションの仕業だったと知った直人は、持永プロとの契約を破棄してしまい、怒った持永は直人が二度とステージに立てないように手を回す。
一方、良が率いるファイブジョーカーズは遂にヒットチャートNo1に躍り出た。
そんな時、音楽評論家の左京徹(あおい輝彦)から父であるトランぺッター国分洋一郎が残した一枚のレコードを紹介される。

マッチ 嵐を呼ぶ男


そのトランペットに感動した良は、明子の誕生祝いにとプレゼントするが、明子は「音楽に溺れ、 母子三人を捨てた男を許せない」とレコードを叩き割る・・・。
偶然、直人と再会した良は、持永プロダクションに彼が仕事に戻れるよう願い出て、代わりに自分が移籍することを約束する。
良から独立を言い渡された美弥子は、良のアパートを訪ね、「戻ってほしい」と愛を告白した。
そんな折に母・明子から弟の英次が自宅から金を持ち出したと電話が入り、良は不良パンクロックグループのたむろするライブハウスに乗り込むのだが、英次を救おうとして大乱闘の末、今度はドラムが叩けないよう不良パンクロックグループに右手を叩き潰されてしまった。

マッチ 嵐を呼ぶ男


負傷した良は明子の病院に運ばれ、良に心を許した明子は右手を手術した。
そして、ファイブジョーカーズのコンサート当日、ケガをした良の変わりに直人がステージに立った。そんな中、良が姿を現し、彼のドラムもセットされ二人の熱い演奏が始まり、 場内は2人のドラム演奏とファンの熱狂の渦に包まれていく・・・。

マッチ 嵐を呼ぶ男




Next Movie「三等高校生」


たのきん映画 Contents Menu

青春グラフィティ
スニーカーぶる~す

公開:1981年2月11日
監督:河崎義祐

ブルージーンズ・メモリー

公開:1981年7月11日
監督:河崎義祐

グッドラックLOVE

公開:1981年12月20日
監督:河崎義祐

ハイティーン・ブギ

公開:1982年8月7日
監督:舛田利雄

ウィーン物語ジェミニY&S

公開:1982年12月18日
監督:河崎義祐

嵐を呼ぶ男

嵐を呼ぶ男

公開:1983年8月4日
監督:井上梅次

三等高校生

三等高校生

公開:1982年12月18日
監督:渡邊祐介

TOSHI in TAKARAZUKA
Love Forever

公開:1983年8月4日
監督:井上梅次

エル・オー・ヴィ・愛・N・G

公開:1983年12月24日
監督:舛田利雄

たのきん Contents Menu

たのきんトリオ

What's たのきん?

”たのきん”について
田原俊彦/近藤真彦/野村義男

金八先生たのきん

3年B組金八先生

たのきん初出演の学園ドラマ
1979年放送

ただいま放課後

ただいま放課後

たのきん主演の学園ドラマ
1980年放送

cs3

Communication Super 3

たのきんファンクラブ CS3

たのきんライブ81

たのきんライブ’81

1981年4月 渋谷NHKホール

たのきんライブ

たのきん3球コンサート

第1回/1981年, 第2回:1983年

たのきん全力投球

たのきん全力投球

たのきん主演のバラエティ番組
1980-1983年放送

田原俊彦/近藤真彦/Good-Bye シングル解説

田原俊彦シングル

田原俊彦 80’-82’

[哀愁でいと]~[ラブ・シュプール]までを一挙解説

田原俊彦シングル

田原俊彦 83’-84’

[ピエロ]~[ラストシーンは腕の中で]までを一挙解説

田原俊彦シングル

田原俊彦 83’-84’

[銀河の神話]~[あっ]までを一挙解説

近藤真彦シングル

近藤真彦 80’-82’

[スニーカーぶる~す]~[ホレたぜ乾杯]までを一挙解説

近藤真彦シングル

近藤真彦 83’-84’

[ミッドナイト・ステーション]~[永遠に秘密さ]までを一挙解説

近藤真彦シングル

近藤真彦 85’-86’

[ヨイショ!]~[Baby Rose]までを一挙解説

野村義男シングル

The Good-Bye 83’-85’

[気まぐれOne Way Boy]~[TWO NIGHT]までを一挙解説








たのきん