シブがきWeb

[田原俊彦]83'~84'シングル解説

⑬ピエロ(1983.02.17)

田原俊彦 ピエロ


■作詞:来生えつこ/作曲:網倉一也
■売上枚数:33.0万枚(オリコン1位/年間34位)
スタンドマイクにてクールに唄いながらも、間奏でスタンドマイクを蹴りあげるパフォーマンスもあり、個人的にも大好きな1曲。 当初「ピエロ」の歌詞はB面の「片思いキック」の歌詞だったらしく、「片思いキック」の歌詞でも「ピエロ」が歌えるとか。 もちろん逆も同じ。本曲で第25回日本レコード大賞・金賞受賞。


⑭シャワーな気分(1983.05.18)

田原俊彦 シャワーな気分

田原俊彦 シャワーな気分


■作詞:三浦徳子/作曲:筒美京平
■売上枚数:26.1万枚(オリコン1位/年間43位)
「恋=Do!」以来の2パターンジャケット。トシらしいダンサブルな曲で、ザ・ベストテンでマイクを上に勢いよく投げ、上着を脱ぎながらターンしてキャッチするという”神技”を 披露したことは伝説となっている・・・。
2種類のレコードジャケットの違いについてですが、ライナーノーツに書かれているファンクラブの住所と電話番号に差異があります。トシちゃんの髪形も異なるので、同時に パターンジャケットとしてリリースされたものではないですね。


⑮さらば・・夏(1983.08.12)

さらば・・夏


■作詞:岩谷時子/作曲:Paul Anka
■売上枚数:31.9万枚(オリコン1位/年間36位)
トシにとって初のバラードとなるシングルで名曲です。タイトル通り、夏の終わりに海辺で夕陽を見ながらこの曲を聴くと、ホントに 「さらば・・夏」という感じになっちゃいます。この曲はカナダ出身のシンガソングライター”ポール・アンカ”作曲で、同年の 「第14回日本歌謡大賞」でグランプリを受賞。 ジャニーズ事務所にとっては、初の音楽祭におけるグランプリ受賞作品。なお、レコード大賞については作曲者が外国人ということでノミネートされることはなかった。


⑯エル・オー・ヴイ・愛・N・G(1983.11.18)

エルオーヴイ愛NG


■作詞:売野雅勇/作曲:小田裕一郎
■売上枚数:30.6万枚(オリコン1位/年間46位)
田原俊彦としての単独主演映画「エル・オー・ヴィ・愛・N・G」の同名主題歌。 映画自体はミステリアス&サスペンスな雰囲気なのに、この曲はポップで明るく、映画とは対象的な雰囲気。


⑰チャールストンにはまだ早い(1984.02.03)

チャールストンにはまだ早い


■作詞/作曲:宮下智
■売上枚数:30.8万枚(オリコン2位/年間31位)
歌よりも振付けが大好きな1曲。 この曲の振付けはAパターンとBパターンの2種類があって、Aパターンではマイケル・ジャクソンの「スリラー」を意識したダンス構成、Bパターンはロックダンスを取り入れた構成で、 トシの楽曲の中でも最も激しい振付&ダンスの一つ。トシが振付けにムーンウォークを取り入れたのもこの曲が最初。 そういう点では、日本でマイケルジャクソンを広めたきっかけとなる曲と言っても過言ではありません・・・。 私も小学生の頃、この曲の振付を一生懸命真似たもんです。
B面の「風の上ならSO HAPPY」はグリコ カプリソーネのCM挿入曲として、12インチシングルでも発売されました。


⑱騎士道(1984.05.23)

騎士道 田原俊彦


■作詞:阿久悠/作曲:つのだ☆ひろ
■売上枚数:25.8万枚(オリコン1位/年間41位)
作詞を阿久悠が担当。歌詞だけ読むと、ジュリー(沢田研二)が唄ってもおかしくなさそうな雰囲気だが、この曲はトシらしくハマった楽曲に仕上がっている。 当時FMラジオに出演したトシがこの曲について「良い意味で自分を抑えて唄ってしまう」と言ってたが、前曲の「チャールストンにはまだ早い」が 激しかっただけに、なんか解る感じがする・・・。



⑲顔に書いた恋愛小説(1984.08.08)

顔に書いた恋愛小説


■作詞:三浦徳子/作曲:網倉一也
■売上枚数:25.1万枚(オリコン1位/年間44位)
分かり易いメロディーラインで、全体的にノリのいい感じに仕上がっている楽曲です。3コーラス目の♪時間よ止まれ♪の後、数秒だけ 無音になるところがあって非常に良いアクセントになってます。 ちなみにこの曲には特段決まった振付けはなく、毎回曲に合わせて踊ってた印象あり。


⑳ラストシーンは腕の中で(1984.11.14)

ラストシーンは腕の中で


■作詞/作曲:Bernie Galley & Jim Pike/訳:小林和子
■売上枚数:18.1万枚(オリコン2位)
デビュー曲の「哀愁でいと」以来となる洋楽カバー曲で、原曲はScott Baioの「WOMAN,I LOVE ONLY YOU」。 ポップなスローテイストに仕上がってますが、間奏の振付けでは激しいダンスを踊っていました。 当時は何となく「エル・オー・ヴィ・愛・N・G」の曲に似てるな、とか、もっとダンサブルな曲で踊ってほしいと思ってましたが、今聴き直してみると実は非常に良い曲なんだなぁと感じます。




田原俊彦/近藤真彦/Good-Bye シングル解説

田原俊彦シングル

田原俊彦 80’-82’

[哀愁でいと]~[ラブ・シュプール]までを一挙解説

田原俊彦シングル

田原俊彦 83’-84’

[ピエロ]~[ラストシーンは腕の中で]までを一挙解説

田原俊彦シングル

田原俊彦 85’-86’

[銀河の神話]~[あっ]までを一挙解説

近藤真彦シングル

近藤真彦 80’-82’

[スニーカーぶる~す]~[ホレたぜ乾杯]までを一挙解説

近藤真彦シングル

近藤真彦 83’-84’

[ミッドナイト・ステーション]~[永遠に秘密さ]までを一挙解説

野村義男シングル

The Good-Bye 83’-85’

[気まぐれOne Way Boy]~[TWO NIGHT]までを一挙解説

たのきん Contents Menu

たのきんトリオ

What's たのきん?

”たのきん”について
田原俊彦/近藤真彦/野村義男

金八先生たのきん

3年B組金八先生 第1シリーズ

たのきん初出演の学園ドラマ
1979年放送

ただいま放課後

ただいま放課後 第1シリーズ

たのきん主演の学園ドラマ
1980年放送

cs3

Communication Super 3

たのきんファンクラブ CS3

たのきんライブ81

たのきんライブ’81

1981年4月 渋谷NHKホール

たのきんライブ

たのきん3球コンサート

第1回/1981年, 第2回:1983年

たのきん全力投球

たのきん全力投球

たのきん主演のバラエティ番組
1980-1983年放送

もう一杯分話そうか

「たのきん」の思い出

近藤真彦著
「もう一杯ぶん話そうか」より

たのきん映画 Contents Menu

青春グラフィティ
スニーカーぶる~す

公開:1981年2月11日
監督:河崎義祐

ブルージーンズ・メモリー

公開:1981年7月11日
監督:河崎義祐

グッドラックLOVE

公開:1981年12月20日
監督:河崎義祐

ハイティーン・ブギ

公開:1982年8月7日
監督:舛田利雄

ウィーン物語ジェミニY&S

公開:1982年12月18日
監督:河崎義祐

嵐を呼ぶ男

公開:1983年8月4日
監督:井上梅次

三等高校生

公開:1982年12月18日
監督:渡邊祐介

TOSHI in TAKARAZUKA
Love Forever

公開:1983年8月4日
監督:井上梅次

エル・オー・ヴィ・愛・N・G

公開:1983年12月24日
監督:舛田利雄








たのきん