たのきんトリオを今もこよなく愛するWebサイト

たのきんトリオとは

What's たのきん

「たのきん」とは、1980年前半にかけてジャニーズ事務所で活躍した田原俊彦(トシ)、近藤真彦(マッチ)、野村義男(ヨッちゃん)の3人のグループ名称。
名称の由来は、田原の「田(た)」、野村の「野(の)」、近藤の「近(きん)」のそれぞれの文字より抜粋している。

たのきん

TBS『3年B組金八先生』(1979-1980)に生徒役で出演したことにより注目され、続いて1980年5月に放送されたフジテレビ系ドラマ『ただいま放課後』でますます人気は加熱。 田原俊彦のレコードデビューを筆頭に相次いで歌手デビューする。
「たのきん」としてレコードデビューした訳ではないが、当時のジャニーズ事務所低迷期の風潮を一気に塗り替え、たのきんによって以後のジャニーズ事務所は急成長を遂げたと言っても過言ではない。 また後続するシブがき隊や少年隊などが次々とデビューし、1980年代の男性アイドルの先駆的立場を担った。
(たのきんとしての活動期間:1980年~1984年)

田原俊彦(トシちゃん)

トシちゃん1961年2月28日、B型、山梨県甲府市出身。
1980年6月、たのきんの先陣を切り、レイフ・ギャレット『ニューヨークシティナイト』のカバー『哀愁でいと』で歌手デビュー。 3人の中で最もダンスが得意で、日本のポップス界において初めて歌って踊るスタイルを確立させた。
→田原俊彦シングルコレクションはこちら

野村義男(ヨッちゃん)

ヨっちゃん1964年10月26日、A型、東京都中野区出身。
1983年6月、アルバム『待たせてSorry』でソロレコードデビュー。 同年、ロックバンド「The Good-Bye」を結成し、『気まぐれOneWayBoy』でバンドデビュー。
→The Good-byeシングルコレクションはこちら

近藤真彦(マッチ)

マッチ1964年7月19日、O型、神奈川県横浜市出身。
1980年12月、『スニーカーぶる~す』で歌手デビュー。男性ソロアイドルとしては初のオリコン初登場1位、ミリオンセールスを達成。
→近藤真彦シングルコレクションはこちら


たのきんトリオ








たのきん

たのきん





たのきん