たのきんを今もこよなく愛するWebサイト

[映画]ハイティーン・ブギ

■Description

近藤真彦主演第3弾でたのきんスーパーヒットシリーズ第4弾。3人共に横浜の暴走族スケルトンズのメンバーである設定。 バイクシーンやケンカシーンなどの激しいシーンや、バンド活動での音楽性の高いシーンもあり、ストーリーも含めたのきん映画の中で最も内容、興行成績ともに高かった作品。 後藤ゆきお(作)・牧野和子(画)による同名漫画をもとに、舛田利雄が脚色(永原秀一と共同)・監督。 マッチはこの映画のために6kgダイエットする気合いの入れ様だったとのこと。
本作でのトシの影のある役柄も見どころ。 。


■Movie Info
公開:1982年8月7日
配給:東宝
監督:舛田利雄
原作:後藤ゆきお/牧野和子
主題歌:近藤真彦「ハイティーン・ブギ」


■Soundtrack
本作のサントラは発売されていないが、田原俊彦の「TOSHI THE MOVIE」に「あ・ら・しのLong run」、「重のバラード」のオリジナル曲が収録されている。

▼映画挿入歌
「ハイティーン・ブギ」近藤真彦
「MOMOKO」近藤真彦
「カモンロッキンロード」近藤真彦
「あ・ら・しのLong run」近藤真彦&田原俊彦
「重のバラード」田原俊彦



■Story
藤丸翔(近藤真彦)は、父や再婚した家族と離れて暮し、その孤独を、ハマの暴走族スケルトンズのリーダーとしてスピードでまぎらわしていた。

映画 ハイティーンブギ

ある日、敵対する暴走族ブラックウルフに喧嘩を売られ翔は大ケガを負う。血を流す翔は通りかかった桃子(武田久美子)に助けられ、一目惚れしてしまう。
翔につきまとわれ迷惑する桃子は、リーゼントを切って暴走族を辞めたらつきあってやると言うと、彼女に夢中な翔は言う通りにしてしまう。

映画 ハイティーンブギ

親友の重(田原俊彦)やサミー(野村義男)のショックは大きかった。翔が好きだった未樹(三原順子)は桃子を憎み、スケルトンズを使って襲わせた。

映画 ハイティーンブギ

サミーも重もメンバーを止めることはできなかったのだ。現場に駆けつけた翔は重にとびかかる。プロボクサーの重がパンチを返すと、それは空を切り固い壁に叩きつけられ鈍い音をたてた。
一方、翔は桃子と同棲を始めるが怒った父、幸一郎がマンションを売り払ってしまう。
坊っちゃん育ちで高校中退の翔には仕事もなく、二人は苦しい生活を続ける。その頃、重はスケルトンズを解散、ボクサーの夢を捨てて、ライダーを目ざしていた。

映画ハイティーンブギ

やがて、サミーが翔にガソリンスタンドの仕事を見つけアパートも紹介し、ささやかだが平和生活が訪れた。

映画 ハイティーンブギ

そんなとき桃子が妊娠していることが分った。あの事件のときに出来たのだ。
「堕ろすんだ!」と叫ぶと、外へ出た翔を暴走族ブラックウルフが見つけ殴りかかってきた。 そこへ、重が現れ、翔を助けた。

映画ハイティーンブギ

一晩中看病していた桃子に、翔は子供を自分の子として育てる決心をする。
サミーはガソリンスタンドをクビになった翔を自分のバンドに誘い、ロックコンテストに向けて始動した。

その頃、幸一郎は桃子を訪ね、翔を二年間アメリカ留学させ、それから結婚を認めると話す。その夜、桃子は翔の元をそっと去って行った。

ロックコンテストの会場で、翔は満員の客席に桃子を見つけ、ステージで「MOMOKO」を熱唱する。会場の裏ではステージを壊そうとやって来た未樹や八木たちと重が一人で闘っていた。そして、重の拳はまたしても不吉な音をたてた。歌が終り、席を立つ桃子を追い、翔は強く抱きしめた。翔のバンドはグランプリを受けた。
数日後、全日本グランプリサーキットで、重は先頭を走っていた。 だが、右手の利かない重はコーナーリングに失敗、マシンから放り出された体が飛翔していく。



Next Movie「ウィーン物語 ジェミニ・YとS」






たのきん