たのきんを今もこよなく愛するWebサイト

[田原俊彦]80'~82'シングル解説

①哀愁でいと(1980.06.21)

哀愁でいと

【Description】
■作詞:小林和子/作曲:Guy Hemric
■売上枚数:71.9万枚(オリコン年間10位)
レイフ・ギャレットの「NEW YORK CITY NIGHT」をカヴァーしたトシの記念すべきデビューシングル。ダンサンブルな雰囲気で踊るトシに魅了されたファンは多いはず。 曲の間奏でトシがバック転を披露することもしばしばあった。ちなみにジャPAニーズがバックダンサーを担当。
B面の「君に贈る言葉 (アフター・スクール)」は、近藤真彦と野村義男とともに、ファンへの語りかけで構成されている。 なお、アフター・スクールのオリジナル曲はファーストアルバム「田原俊彦」に収録。 同曲で1980年末の「第31回NHK紅白歌合戦」に出演。


②ハッとして!Good(1980.09.21)

ハッとして!Good

【Description】
■作詞/作曲:宮下智
■売上枚数:62.2万枚(オリコン年間22位)
この曲で田原自身初のオリコン1位を初登場で獲得。初登場1位はオリコンチャート史上5曲目。同年の日本レコード大賞では最優秀新人賞を受賞し、 ジャニーズ事務所にとっても初の快挙を達成、以降ジャニーズ事務所は4年連続で日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞していくことに。また松田聖子と共演したグリコアーモンドチョコレートのCM主題歌に採用された。 B面の「青春ひとりじめ」はTVドラマ「ただいま放課後」の主題歌となり、個人的にも大好きな曲。


③恋=Do!(1981.01.12)

恋=Do!

【Description】
■作詞:小林和子/作曲:小田裕一郎
■売上枚数:59.8万枚(オリコン年間12位)
イントロからすごくテンポ良くダンスも激しいうえ、トシとジャPAニーズのダンスコンビネーションが印象的だった名曲。 「ジャPAニーズ」のメンバーの乃生佳之が、“チャチャ人形”姿で踊ったことも話題に。その後、乃生は「抱きしめてTONIGHT」のバックダンサーも務めることに。 レコードジャケットは2パターンあり。


④ブギ浮ぎI LOVE YOU(1981.04.05)

ブギ浮ぎI LOVE YOU

【Description】
■作詞/作曲:宮下智
■売上枚数:48.7万枚(オリコン年間24位)
前回の「恋=Do!」がダンサンブルな曲だったのに対し、アイドルらしいポップな楽曲に仕上がっているとともに、 トシのシングル曲のなかで、初めてスタンドマイクで唄った曲。 ロックなテイストが入ったと思うと、歌詞のサビの部分で、トシが「アハハハハハ…バカだね」というセリフあり。 このセリフはその後モノマネで相当使われることに。トシが出演する「サクラカラー」のCMソングとして起用。


⑤君に決定!(1981.07.01)

君に決定!

【Description】
■作詞/作曲:宮下智
■売上枚数:33.8万枚(オリコン年間39位)
曲のオープニングでトシがスケートボードで登場するのが印象的だった夏らしい曲。曲中でスケボーを使用したのもジャニーズ史上トシが初めてかも。 実はB面の「愛の神話」が名曲で、個人的にはすごい好き。


⑥悲しみ2ヤング(1981.09.02)

悲しみ2ヤング

【Description】
■作詞/作曲:網倉一也
■売上枚数:38.0万枚(オリコン年間35位)
一言でいうとカッコいい曲です。オープニングのバラード調から一気にロックっぽい流れに仕上がっていて、トシの中でも名曲中の名曲だと個人的に感じてます。 2コーラス後の「Oh BaBy, I Can't Say Good-By」という台詞はトシ自身が考案したらしく、なかなか絶妙に曲にハマってます。 前曲までジャPAニーズを伴ってたものの、本曲ではスタンドマイクを使用しソロで唄ってましたね。 自身が出演するグリコアーモンドチョコレートのCMソングにも起用されました。


⑦グッドラックLOVE(1981.10.16)

グッドラックLOVE

【Description】
■作詞:小林和子/作曲:小田裕一郎
■売上枚数:49.5万枚(オリコン年間48位)
たのきん映画第3弾「グッドラックLOVE」の同名主題歌。前作の「悲しみ2ヤング」に続き、これもカッコいい名曲です。 ♪泣かないで~誰も悪くはないさ~今ならば言えるよ~Good luck my love♪ は、今でも脳裏に焼き付いてます。 TV出演時には曲の最後でトシが「Good Luck」と呟くアドリブが加えられていた。本曲で第23回日本レコード大賞・ゴールデンアイドル賞と 第12回日本歌謡大賞・放送音楽賞を受賞。


⑧君に薔薇薔薇・・・という感じ(1982.01.27)

君に薔薇薔薇・・・という感じ

【Description】
■作詞:三浦徳子/作曲:筒美京平
■売上枚数:36.5万枚(オリコン年間27位)
トシ自身も最も好きなシングル曲のひとつと言うくらい、ファンにも根強い人気のある名曲。 薔薇薔薇・・・ってどんな感じ?と当時小学生の私はこの曲の独特の世界観に魅せられたもんです。 テレビ出演時には、シングル3作ぶりにジャPAニーズを伴った最後の楽曲で、曲全体における振付の完成度が非常に高かったです。 ちなみにジャPAニーズは同年5月の渋谷公会堂でのコンサートを最後に解散した。


⑨原宿キッス(1982.05.08)

田原俊彦 原宿キッス

【Description】
■作詞:宮下智/作曲:筒美京平
■売上枚数:40.6万枚(オリコン年間23位)
スピード感のあるメロディーがカッコよくて、トシらしさを感じる名曲。 サビ部分の♪Woo 恋し恥かし原宿キッス♪の唄い方に悩んだらしく、トシはサザンの桑田佳祐の唄い方を意識したと言ってた記憶あり。


⑩NINJIN娘(1982.08.06)

ニンジン娘

【Description】
■作詞/作曲:宮下智
■売上枚数:35.5万枚(オリコン年間28位)
当時『ひらけ!ポンキッキ』を見てたら、トシがNINJIN娘を唄って出てきたのを見て相当驚いたのを覚えている。 一体どういう路線に行くのか、小学生ながら不安を感じながらもベストテンで1位を獲得するとともに、安定した振付とダンスでNINJIN娘を唄いきるトシの 偉大さにファンになった人も多いのではなかろうか・・・。
実はB面の「ジャングル・シェイク」が超カッコよく仕上がってるのを忘れてはいけません。ほとんどA面で売り出してもいいくらいの聞きやすいリズムで、トシらしいダンサンブルな楽曲です。


⑪誘惑スレスレ(1982.10.15)

田原俊彦 誘惑スレスレ

【Description】
■作詞:宮下智/作曲:網倉一也
■売上枚数:38.3万枚(オリコン年間44位)
前作の「NINJIN娘」から一変、トシらしいダンサンブルな楽曲。個人的には”待ってました”と思わんばかりに期待していたレコードだったのを覚えている。 トシの楽曲の中でも最も激しい振付&ダンスの一つで、♪やったぜ!よろしく♪の振付は今でもたまに踊りたくなっちゃいます。 本作で第24回日本レコード大賞・金賞、第13回日本歌謡大賞・放送音楽賞を受賞。 またB面の「哀愁 DIARY」が隠れ名曲として個人的にお気に入りの曲。


⑫ラブ・シュプール(1982.12.18)

ラブ・シュプール

【Description】
■作詞:三浦徳子/作曲:筒美京平
■売上枚数:23.4万枚(オリコン年間52位)
たのきん映画第5弾「ウィーン物語 ジェミニ・YとS」の主題歌。30万枚の限定盤としてリリース。 レコードジャケットは10数ページの映画写真集となっており発売後1ヶ月弱で完売。再版はなかった。 B面の「双子座の恋人たち」も映画挿入歌として使用されている。




Next Page
[田原俊彦]83'~84'シングル解説


Next Page
[近藤真彦]80'~82'シングル解説


Next Page
[近藤真彦]83'~84'シングル解説






たのきん